2015年11月04日

CD-ROM2大全について(その1)

ゲームレジェンド23で頒布させてもらった「PCエンジン大全
CD-ROM2編」は、前半のソフトリストと同じくらいの熱量で、
後半の裏ネタコーナーを編集しました。
特に「バージョン違い」については、これまで刊行されてきた
レトロゲーム関連本では触れられていない、判別ポイントの
詳しい情報を掲載させていただいたつもりです。

今回は40名以上の方に新刊をお買い上げいただきましたが、
一通り読まれた後、もし興味を持っていただけたのであれば、
流通本数が少ないと記しているほうのバージョンについては、
なるべく早い時期に入手されることをお勧めします。
これは、希少バージョンが10〜20本に1本の割合なのに対し、
市場に出回るソフトの数が全体的に減少傾向にあること、と
生誕30周年に向け、一般誌にPCエンジンが取り上げられる
機会が増えるかもしれない中で、この手の扱いやすいネタが
「ゲーム○ボ」や「エンタ○クス」あたりに掲載されてしまうと、
一気に競争率が高くなること、を危惧しているからです。

「ヤフオク!」や「Amazon」では、出品者に質問していただくと、
それなりに回答を返してくれると思いますし、写真を注意深く
チェックしていただければ、判別可能な場合もあります。
また、レゲーを扱うお店では、マニアなお客さんが多いからか、
中身の確認について断られることはないようです。
幸いにも、現在のところバージョン違いの有無を明記した上で、
それぞれの売値に差をつけているお店などは無いようなので、
一応今が買い時だと思います。

今回カタログに載せた判別方法なんて、とうの昔にご存知で、
既に集めておられた方々には、釈迦に説法となり恐縮ですが、
老婆心から書かせていただきました。
ラベル:PCエンジン
posted by pcengine at 22:47| 同人誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする